未分類

イラストレーターでのサイズ変更方法

イラストレーターは、ベクターデータを扱うソフトウェアで、高品質な画像を作成することができます。イラストレーターで作成したイラストやロゴなどのデザインを使用する場合、サイズ変更が必要になることがあります。今回は、イラストレーターでサイズ変更する方法について解説します。

イラストレーターでのサイズ変更方法

イラストレーターで作成したイラストやロゴをサイズ変更する場合は、以下の手順で行うことができます。

1-1. オブジェクトの選択

サイズ変更したいオブジェクトを選択します。オブジェクトを選択するには、直接クリックするか、選択ツールを使用します。

1-2. サイズ変更ダイアログボックスの表示

オブジェクトを選択した状態で、メニューバーの「オブジェクト」→「変形」→「拡大・縮小」を選択します。または、キーボードショートカット「Ctrl + T」を使用します。

1-3. サイズ変更ダイアログボックスの設定

サイズ変更ダイアログボックスが表示されたら、以下の設定を行います。
・幅と高さを同じ比率で変更する場合は、リンクアイコンをクリックします。
・「%」を選択して、幅と高さの変更比率を入力します。
・「W:」「H:」を選択して、幅または高さのみを変更する場合は、数値を入力します。

1-4. サイズ変更の確定

サイズ変更の設定が完了したら、「OK」をクリックして、サイズ変更を確定します。

サイズ変更時の注意点

サイズ変更を行う際には、以下の点に注意してください。

2-1. プロポーションを保持する

オブジェクトの幅と高さを同じ比率で変更する場合は、リンクアイコンをクリックして、プロポーションを保持するように設定してください。プロポーションを保持しないと、オブジェクトが歪んでしまいます。

2-2. イメージの品質を確認する

サイズ変更後のイメージの品質を確認してください。イラストレーターはベクター形式で画像を作成するため、拡大しても画像の品質が劣化しません。しかし、イメージを縮小した場合は、縮小したサイズに合わせてピクセルが削除されるため、画像の品質が劣化することがあります。縮小する場合は、縮小する前にイメージの品質を確認してから縮小してください。

2-3. オブジェクトの種類によっては、サイズ変更によって細部が欠けることがある

テキストや線など、細かいオブジェクトをサイズ変更する場合は、細部が欠けることがあるため、注意が必要です。この場合、オブジェクトを大きくしてからサイズ変更を行うか、オブジェクトを再作成する必要がある場合があります。

まとめ

イラストレーターでのサイズ変更方法について、詳しく解説しました。サイズ変更を行う際には、プロポーションを保持することや、イメージの品質を確認することが重要です。また、オブジェクトの種類によっては、サイズ変更によって細部が欠けることがあるため、注意が必要です。以上のポイントを押さえて、イラストレーターでのサイズ変更を行ってください。データについてはこちらをご覧ください。