よくあるご質問
大判ポスター印刷
学会ポスター印刷
溶剤看板印刷
マイページにログイン
新規会員登録
ポスターデータ入稿
入稿方法
ポスターデータ入稿

ABポスター営業カレンダー

ポスター印刷 ABポスター facebook

ポスター印刷についてよくある質問

ラミネート加工とパウチ加工の違いとは何かとお客様からお問合せをよく頂いております。こちらでは、その違いを解説いたします。


パウチ加工
まず、ラミネートの特徴としては、パウチのようにまわりにミミが残らないので、出力サイズの変化が無いまま加工されます。そして最大の特徴としてはUV加工が施されているため、屋外や窓際に長期掲示した場合でも色あせに対しての色あせの耐久度が通常のポスターよりも高くなります。
また、合成紙などの素材が紙ではないものに印刷をし、その表面にラミネートを加工することで防水仕様となり屋外でも仕様が可能となります。

【よく使われるシーン】
長期掲示ポスター、店先のメニュー、選挙ポスター、看板、窓内張りポスター、貼り付けを繰り返して使うポスター、屋外用などにも多く使用されております。

ラミネート加工
パウチ加工は、出力したポスターの表裏・両面からフィルムで圧着したものです。特徴としては、裏表からの圧着の接着面として出力したポスターのまわりに5mm程度のミミ(接着面)がつきます。硬さはラミネートよりも厚く硬さが出ますので、細く丸めて保管や携帯には向いていません。光沢感に関してはラミネートとは大きな差はありませんが、UVカットではありませんが、両面圧着ですのでそのままでも水に強いです。

【よく使われるシーン】
店内用メニュー、店内用掲示ポスター、屋外ポスター(外窓貼りなど)、繰り返し貼り付けするポスター