12,000円以上で 送料無料
0120-970-111

商品紹介

ポスター用紙の選び方!特徴と用途を知り、ベストな選択を

ポスターを注文する際に悩むのが、用紙です。
主に「コート紙」「マット紙」の2種類があり、デザインや用途によって使い分けます。
この記事では、特に評判が高い3商品の特徴を紹介します。

それぞれのメリット・デメリットを知ることで、最適な用紙を選ぶことが出来ます。
注文する前に、ぜひチェックしてみてください。

 

人気No.1!厚手光沢紙

「厚手光沢紙」は最も多くのお客様に選ばれています。

迷ってしまうなら、こちらがおすすめです。
ポスターでもっとも使用されている用紙になります。
光沢やツヤがあり、ポスター用紙としてメジャーです。

大きなメリットは、鮮やかな色を表現できる点です。
特に美容系・ファッション系業界と相性が良いです。

ただ、光を反射してしまうので、屋外利用にはおすすめしません。
高級感をキープしたいなら、「厚手光沢紙」が向いています。

「厚手光沢紙」におすすめ用途
・告知用ポスター
・写真を使っている
・店舗内などに掲示

 

バランス抜群!厚手半光沢紙

「厚手半光沢紙」は、「厚手光沢紙」より光沢を抑えています。

別名「微光沢用紙」です。
細部までキレイに発色し、かつ光の反射はやわらかくなります。
学会などライトが当たる場所で掲示する場合には、こちらが使われます。

文字が多いデザインでも読みやすく、美しい仕上がりになるためです。
触ると、少しざらっとしています。

光沢と落ち着きのバランスを求める方には、「厚手半光沢紙」がぴったりでしょう。

「厚手半光沢紙」におすすめ用途
・写真は使っていない
・文字が多い
・学会などで掲示

 

コスパ最高!厚手マットコート紙

「厚手マットコート紙」は、落ち着いた印象を与えることが出来ます。

コート紙と比較すると、色味は渋くなります。
モノクロ写真やレトロ調のデザイン、使っている色の種類が少ない場合にはイチオシです。また、他の種類よりリーズナブルなのが嬉しいポイントです。

比較的安価に印刷ができるため、イベント時などでたくさん注文したい場合に◎。
鉛筆・ペンなどで文字を書き込むことも可能です。

サラサラとした表面をしているため、ツヤはありません。
光の反射が少なく、照明の明るい場所や屋外にも向いています。

コストパフォーマンスを優先するなら、「厚手マットコート紙」を選ぶべきです。

「厚手マットコート紙」におすすめ用途
・アナログなデザイン
・大量にポスターを作成したい
・商談イベントなどに掲示

 

まとめ

ポスター用紙を選ぶ際の基準として、それぞれの特徴を紹介しました。

・人気No.1!厚手光沢紙

・バランス抜群!厚手半光沢紙

・コスパ最高!厚手マットコート紙

使い道や費用など、お客様にぴったりの用紙が見つかるはずです。
もし一つに絞れない場合は、「厚手光沢紙」がおすすめです。
最適な用紙を考え、素敵なポスターを作成しましょう。